豊浦探索マップ●見どころいっぱいの豊浦


 戸板沢、動木橋、横堀、大伝本村地区
【動く橋の地蔵様】
昔、動木橋で子供の病気や願い事に非常に効き目のあるお地蔵様がありました。そのお地蔵様に願い事を聞いてもらおうと、たくさんの人がお参りにきて、大変賑やかでした。でも、そのお地蔵様をお参りするには、どうしても揺れ動く木の橋を渡らなければなりませんでした。このことから、そのお地蔵さまのことを「動く橋のお地蔵様」と呼んでいたそうです。これが動木橋の地名の由来ということだそうです。

【大伝は雷がよく落ちる?】
昔は、田んぼに落雷があるとそれを神聖化して、松や杉を植えて大切にしていたそうです。これは、稲妻と稲がふれるとお米になると信じられていたからということです。そんな信仰からか、「雷電」→「来電」→「大伝」となったという話です。

【横堀焼は、かぶりものは無用のこと(山崎窯)】
焼き物の産地として知られ、新発田藩主の御用窯でした。その焼き物を見学する時は神聖な作業のため、ぼうしを必ずぬいで見学します。