豊浦探索マップ●見どころいっぱいの豊浦


 上本田、下本田、八万地区
【八万の「こう」さん】
昔(明治〜大正)八万に野崎皓さんという偉い人がいました。その人は、今の見事な本田地域の田んぼの基礎を作った人です。田んぼの数にして4,000反を整理して、お米がいっぱいできやすいように作り直しました。昔は、田んぼが今のように長四角ではなくてみんな形がバラバラだったころのお話です。

【地蔵様になった「お種婆さん」】
昔、村の神主さんのうちへ奉公していたとても優しい「お種」というお婆さんがいました。神主さんはもちろん世間の人にもとても慕われていました。そのお種さんが亡くなると、とても世話になった人たちが集まってそれを供養するためお地蔵様を作りました。このお地蔵様を村の人々は、種墓の地蔵といって今でも大切に守っています。毎年7月23日には地蔵祭りがあり、そのやさしかったお種婆さんを偲んでいます。